1つのページに1つのテーマ

SEO対策において鉄則とも言えるのが、1つのページにテーマを幾つも入れ込まないことです。
理想は1つに絞ることです。
例えば結婚相談所のHPを作成するとしましょう。
まずはキーワードを抽出しなければいけませんから、そのための専用ツールを用いて、「結婚相談所」「特定の地名」に関連するワードを弾き出します。
そこで得られるワードを参考にして、他社が目を付けていない組み合わせをテーマとして、ページを作成することになります。
例えば、「60代」というキーワードが抽出されれば、「東京で挙げる60代の結婚式」といったテーマが考えられます。他にも料理教室のHPを開設したいのであれば、「出会い」等をテーマに入れることで、差別化を図ることが出来ます。

 さて、SEO対策はページの中身が肝心ですが、URLにも気を配る必要があります。
基本的には、シンプルなURLほど検索エンジンに好まれるとされています。しかし単純であればそれでよいわけではなく、やはりテーマに沿ったURLが理想的です。
しかも一目でページの内容が分かるように設定します。これらの配慮によって、検索エンジンはもちろんのこと、閲覧者にとってもストレスを感じないサイトが出来上がるのです。具体的には、「カテゴリ」「ファイル名」といった点に注意することになります。意味がよく分からない単語をファイル名に入れてしまえば、検索エンジンも混乱してしまいます。ユーザーの中には手作業でリンクを張ろうとする人もいますが、彼らにとって長く、分かりにくいURLは扱い辛いものです。
ユーザーの行動心理を念頭に置いて、対策を練る必要があります。因みにURLは「ドメイン名」と呼ばれるサーバー関連の情報と、そのサーバー内の場所を示す情報とで構成されています。

サイト制作者

社員1

イイダショーコ

ご質問ご連絡は問い合わせフォーム、又はこちらまで。
mail:info@shoko-iida.com

イイダショーコのBLOG